不快な症状が続くなら

患者

病気の辛い症状が出た時には、できるだけ我慢せずに早めに病院に行くことが大切です。もし、そんな症状で悩んでいるのならば、城東区の内科に行ってみることをオススメします。素早く検査し、適切な治療をしてくれるため安心です。

詳細を確認する

体調不良に備えよう

医師

急な体調不良に備えるためにも、平野区にある病院に関する情報を把握しておきましょう。電話帳を使えば、病院に直接問い合わせることが可能です。体調不良になる前に病院についての情報を調べておくことをおすすめします。

詳細を確認する

病院の選び方と特徴

診察室

都筑区の内科の病院は色々な特徴があるので、診察内容や診察時間に応じて選ぶことがポイントになります。都筑区にある内科の病院の特徴としては、ピロリ菌の検査を行ったり禁煙治療を行ったりするさまざまな病院があります。

詳細を確認する

ホルモンバランス

看護師と患者

更年期にみられる症状

更年期障害とは、閉経前後の女性に多く見られる症状です。閉経前後10年というと45〜55歳ぐらいの時期だと考えられています。女性の体内では女性ホルモンの分泌がおこなわれていますが、この時期になると分泌が不足し体内のホルモンバランスが乱れてしまいがちです。更年期障害の症状として知られているものには、のぼせ・ほてり・イライラ・不眠・不安などがあります。しかしこれらの症状のあらわれ方には個人差があり、まったく症状があらわれない人もいれば複数の症状に悩まされる人もいます。更年期障害を治療するためには、サプリメントを利用したり食事を見直す方法があります。しかし症状が重い場合やなかなか改善しない場合は、病院を受診して投薬などの治療を受けることもできます。

男性にも起こり得る更年期

更年期障害は閉経前後の女性に多いのが特徴ですが、最近では20代の女性にも同じような症状が見られる若年性更年期障害に悩む人も見られます。生理不順や女性ホルモンであるエストロゲンの減少によって、若い人でも更年期障害が起こることがあります。また、男性にも更年期障害があることを知らない人もいますが、女性と同じように男性ホルモンの減少によってさまざまな症状が起こる可能性があります。男性の場合は、性欲の減退やEDといった症状があらわれると考えられています。職場や家庭でのストレスと重なって症状が重くなる場合もあるため、更年期障害が疑われるときは病院を受診し治療をすることが大切です。男性の更年期障害は、精神的な症状の場合は精神科で性機能の低下に関する症状は泌尿器科で治療ができます。