低用量ピルの働き

低用量ピルの効果って?

低用量ピルの効果を知る

多くの女性が月経痛や月経不順で、悩んだことがあるのではないでしょうか。それには、女性ホルモンバランスが大きく影響しています。

そして、それはストレスや睡眠時間、偏食などの食生活で変化することが多々あるのです。以前に比べて女性の社会進出が進んできたなかで、仕事の忙しさから睡眠不足などになり月経不順に陥る人もいます。

すぐに寝込む程の体調不良になってしまう訳ではありませんが、近い将来の酷い月経痛や不妊につながってしまう危険性もあるのです。
そうなってしまう前に、月経不順や月経痛を治療していきましょう。そこで力になってくれるのが低用量ピルです。

その効果のカギは、ホルモンバランスを整えてくれることです。低用量ピルは毎日の服用が基本です。なるべく決まった時間に飲むようにしましょう。
正しい服用方法を続けることで、一定量の女性ホルモンを体内に保ち続けられます。その結果、不順は改善されていくのです。

月経痛については、子宮内膜の増殖が関係しています。子宮内膜に子宮収縮を引き起こすプロスタグランジンという物質があり、これが痛みの原因となります。それは子宮内膜の増殖に伴って増えてしまうので、増殖を抑えることで痛みの原因も減少します。

子宮内膜の増殖を抑えるということは、剥がれ落ちる量も減ることになるので月経量も減ります。月経過多で悩んでいる人も、低用量ピルの服用で改善されることが分かります。

そして、体内のホルモン量が一定に保たれることで身体は妊娠時と同じような状態になります。それによって排卵が抑制されるのです。つまり、低用量ピルの服用を続けている間は、避妊効果もあるといえます。

飲み忘れなどが無ければ、その効果は持続されるのでとても高い確率で避妊できるので、計画的な避妊をしたい人にはお勧めの避妊方法です。

もし飲み忘れをした、一旦服用を止めている時に避妊失敗したなどの、緊急的な避妊をしたい時はアフターピルを服用するようにしましょう。強制的に生理を起こすことで、避妊出来る方法です。

ただ体への負担は大きいので、日頃から避妊を考えている人は低用量ピルでより確実な避妊を行うことが良いでしょう。

女性の身体と低用量ピル

低用量ピルが女性の身体にもたらす影響

女性の体調を司るエストロゲンとプロゲステロンのホルモンバランス。低用量ピルは、ホルモンバランスを整えると言われますが、含まれているのはどんな成分で、どんな働きをするのでしょうか。

詳細を確認する

低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用は辛いと思っている人がいるかもしれませんが、副作用があらわれやすいのは飲み始めだけで、飲み続ければ副作用が徐々にへってくるのです。症状についても知っておきましょう。

詳細を確認する

いろいろな避妊方法

避妊方法の種類を知る

避妊には男性用のコンドームを装着することだけ、しかないと思っている人はいませんか。それは勘違いで、他にもいろいろな避妊方法があることを特に女性は知っておかなければいけません。

詳細を確認する

Copyright(c) 2017 月経や避妊の悩みに低用量ピル All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com